Canon MAXIFY G6000 ドライバ

Canon MAXIFY G6000 ドライバ/ソフトウェアWindowsおよびMac OS X用のダウンロード
キヤノンの MAXIFY G6000ワイヤレスオールインワンインクジェットプリンタは、インクカートリッジの積み重ねの必要性を効果的に排除し、非常に簡単に補充できる一体型のインクタンクシステムを使用し、1セットのインクセットに驚くほどの6000黒または7700カラープリントを提供します。新鮮なインクボトル。また、このモデルにはフルセットのインクと、さらに12,000本のブラックプリントを印刷するための追加のブラックインクボトルが付属しています。 Canon MAXIFY G6000の前面に配置されているため、インクタンクが見えにくく、決して使い果たさないようにすることができます。もちろん、それが印象的な印刷、スキャン、そしてコピー機能を詰め込むように、このワイヤレス対応オールインワンができることすべてができるというわけではありません。 キヤノン MAXIFY G6000は、印刷に4800 x 1200 dpiの高解像度の信頼性の高いインクジェットシステムを使用しており、鮮明なテキストと鮮明な画像を実現します。システムはまた、黒で13 ipm、カラーで6.8 ipmの定格速度で、素早く動作します。 250枚の給紙トレイと100枚の後部用紙トレイを備えたこのプリンタは、大規模な印刷ジョブにも対応できます。ユーザーは、フチ無し写真を簡単に作成し、3.5 x 3.5インチから8.5 x 14インチまでのさまざまな標準メディアサイズで作業することもできます。鮮明で詳細な画像のための600 x 1200 dpiの光学解像度を特徴とするユニットのフラットベッドスキャナーによって、スキャンとコピーが可能になります。 USB 2.0に加えて内蔵のWi-Fi接続は、Apple AirPrint、Google Cloud Print、Mopria、Canon独自のPRINTアプリなど、さまざまなモバイル印刷プロトコルをサポートすることで、プリンタの可能性をさらに高めます。 キヤノン MAXIFY G6000 ドライバのインストールプロセスは、ダウンロードが完了し、セットアップを開始する準備が整うと開始されます。ただし、インストールのステップバイステップは、Canon MAXIFY G6000 のインストールに使用するプラットフォームまたはデバイスによって異なる場合があります。

Canon MAXIFY G6000 Driver for Windows & Mac OS X

Canon MAXIFY G6000 Driver

キヤノン MAXIFY G6000 ドライバをダウンロードするには、この MAXIFY G6000 シリーズのドライバページに移動し、お使いのオペレーティングシステムに基づいてリンクをクリックして直接ドライバをダウンロードしてください。ドライバをダウンロードする前に、互換性 OS とインストールのチュートリアルを参照してください。

Canon MAXIFY G6000 Windows ドライバーのダウンロード 
ファイル名:md__-win-g6000-1_01-ea34_2.exe

Canon MAXIFY G6000 Mac ドライバのダウンロード
ファイル名:mac-g6000-1_0-mcd.dmg

また読む: Canon G5000 ドライバ

MAXIFY G6000 ドライバのインストールMAXIFY G6000 ドライバのインストール

キヤノン MAXIFY G6000 Windows ドライバーの互換性

ドライバをインストールする前に、Canon MAXIFY G6000は下記のオペレーティングシステムと互換性があります。

  • Windows 10(32ビット)
  • Windows 10(64ビット)
  • Windows 8.1(32ビット)
  • Windows 8.1(64ビット)
  • Windows 8(32ビット)
  • Windows 8(64ビット)
  • Windows 7(32ビット)
  • Windows 7(64ビット)

キヤノン MAXIFY G6000 ドライバ ダウンロード/Windowsのインストール手順

ドライバのセットアップやキヤノン MAXIFY G6000 ソフトウェアファイルが必要です。 ドライバのセットアップファイルは、ダウンロード用のリンクをクリックするだけです。 また、USBケーブルをプリンタからプリンタパッケージのコネクタに接続する必要がありました。 次に、Canon MAXIFY G6000 プリンタをセットアップファイルにインストールする方法の指示に従ってください。

USB接続使用時の注意事項

  • ドライバをインストールする前に、デバイスとコンピュータを接続するUSB​​ケーブルを外します。
  • ドライバをインストールした後、USBケーブルを接続してください。
  • ドライバとアプリケーションは圧縮されています。
  • ファイルをダウンロードします。

※ファイルダウンロード画面で[実行]をクリックすると(ファイルはディスクに保存されません)
1.ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックし、その後のセキュリティ警告画面で[実行]をクリックします。
2.セットアップウィザードが起動します。
3.セットアップウィザードが起動したら、画面の指示に従ってインストールを実行します。
4.それが完了すると、Canon MAXIFY G6000 プリンタを使用できる状態になっていることがわかります。

※ファイルダウンロード画面で[保存]をクリックすると(指定した場所にファイルが保存されます)
1.ファイルを適切な場所に保存し、ファイルをダブルクリックします(ファイルをダブルクリックすると、同じ場所に新しいフォルダが作成されます)。
2.ユーザーアカウント制御プロンプトが表示されたら、[はい]をクリックします。
3.セットアップウィザードが起動します。
4.セットアップウィザードが起動したら、画面の指示に従ってインストールを実行します。
5.それが完了すると、キヤノン MAXIFY G6000 プリンタを使用できる状態になっていることがわかります。

キヤノン MAXIFY G6000 MacOSドライバーの互換性

ドライバをインストールする前に、Canon MAXIFY G6000は下記のオペレーティングシステムと互換性があります。

  • MacOS 10.15 (Catalina)
  • MacOS 10.14 (Mojave)
  • MacOS 10.13 (High Sierra)
  • MacOS 10.12 (Sierra)
  • OS X 10.11 (El-Capitan)
  • OS X 10.10 (Yosemite)
  • OS X 10.9 (Mavericks)
  • Mac OS X 10.8 (Mountain Lion)
  • Mac OS X 10.7 (Lion)

キヤノン MAXIFY G6000 ドライバ ダウンロード/Mac OSのインストール手順

1.リンクをクリックします。自動的にダウンロードが開始されます。
2.ファイルはコンピュータのデスクトップに保存されます。
3.ファイルをダブルクリックして、ディスクイメージをマウントします。
4.マウントされているディスクイメージをダブルクリックします。
5.フォルダ内のインストーラファイルをダブルクリックします。自動的にインストールが開始されます。
6.それが完了すると、Canon MAXIFY G6000 プリンタを使用できる状態になっていることがわかります。

Canon G1010 ドライバーで利用可能なアップデート

申し訳ありませんが、このサイトは、上記以外のOSに対応するMAXIFY G6000 ドライバ/ソフトウェアは提供していません。キヤノン MAXIFY G6000 のすべてのドライバとフルソフトウェアのダウンロードリンクはアクセス可能で、プラットフォームへのリンクが正しく機能するため、リンクが壊れている心配はありません。