Canon CR-N300 マニュアル (CR-N300 説明書)

キヤノン CR-N300 説明書をダウンロードする (PDFファイル)
最小限の乗組員と高解像度出力を備えたリモート制御カメラを必要とするプロのプロダクションをお持ちの場合、キヤノンの20倍ズームを備えたCanon CR-N300 4K NDI PTZカメラは、礼拝堂、企業の会議室、政府のアプリケーションにぴったり収まります。法廷、放送ストリーミング制作、イベントスペース、さらにはドキュメンタリー撮影にカメラを追加します。このカメラは、1 / 2.3インチデュアルピクセルCMOSセンサー、ハイブリッドAF、Canon DIG!C DV6イメージプロセッサ、シーンモード、20倍光学ズーム、20倍デジタルズーム、マイク入力、ビデオなど、Canonカムコーダーの多くの機能を備えています。 UHD 4Kまでのキャプチャと出力。カメラには、個別のライセンスを必要とせずにNDI | HXサポートも含まれているため、最小限の構成で既存のNDIネットワークにカメラをドロップできます。PTZカメラがカムコーダーから分岐する場所は、リモートリソースにあります。 IP、RS-422シリアル、IR、またはWi-Fi、HDMI、3G-SDI、およびUSB Type-Cビデオ出力を介した制御、Canon RC-IP100 IPPTZリモートコントローラーとの互換性など。キヤノン CR-N300は、0.2〜300°/秒の速度範囲でスムーズで正確なパン、チルト、ズームの動きを実行できます。マイクレベルのオーディオは、3.5mmミニジャックを介して入力し、HDMIおよび3G-SDI出力に埋め込むことができます。 、またはNDIストリーム、RTP / RTMP / RTSPマルチストリーム、またはUSB出力。USBType-Cポートにより、カメラは次のことが可能になります。ウェブカメラとして使用でき、UVC制御データもサポートしているため、キヤノンのカメラ制御ソフトウェアを使用してカメラを制御できます。カメラは、LANポートを使用してPoE +(Power-over-Ethernet)を使用して電力を供給することもできるため、ケーブルを節約するためにローカル電源を使用しなくても、既存のPoE +ネットワークに直接適合できます。このカメラは広いダイナミックレンジ、1.5ルクスの明るさをサポートし、レンズは29.3〜601mmの35mm換算焦点距離を備えています。キヤノン CR-N300カメラは、オプションのRC-IP100 PTZコントローラーを使用して、RS-422 / VISCAまたはキヤノン独自のCXIPプロトコルを介してプライベートで安全なLAN上で外部コントローラーを利用できます。または、キヤノンのカメラ制御ソフトウェアを使用したい場合は、無料でダウンロードできるアプリケーションをWindows OSで動作させることができるため、ラップトップまたはタブレットからすべてのカメラ機能を制御できます。このソフトウェアは、9×9のライブビュー、最大100台のカメラの制御、設定の読み込みと構成、および集計機能を提供します。 IRリモコン、天井取り付けプレート、ACアダプターが含まれています。

Canon CR-N300 マニュアル (PDFファイル)

キヤノン CR-N300 説明書

キヤノン CR-N300 マニュアルをPDFでダウンロード

以下のマニュアルには、最初から高度なガイドまで、カメラの使用に関するすべてのチュートリアルが含まれています。

使用説明書はカメラの機能を理解するためのファイルであり、カメラユーザーガイドはカメラを正しく使用するためのチュートリアルです。

ダウンロード: キヤノン CR-N500 マニュアル

Canon CR-N300設置・基本操作マニュアルと電子マニュアルPDF版をダウンロード (インストール手順)

以下のマニュアルには、最初から高度なガイドまで、プリンタの使用に関するすべてのチュートリアルが含まれています。

キヤノン CR-N300 使用説明書 重要事項・設置編
ファイル名: crn3ig-j-w.pdf
サイズ:1.41MB

キヤノン CR-N300 使用説明書 設定編
ファイル名: crnsg-j.pdf
サイズ:2.73MB

キヤノンマニュアルが所有および運営するウェブサイトからダウンロードできるすべてのキヤノン CR-N300 説明書は、キヤノンオフィシャルまたはキヤノンオフィシャルベンダーのサードパーティの1つが著作権を所有しています。 お客様は、キヤノンまたはサードパーティベンダーとお客様の間の該当するライセンスまたはその他の契約に同意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です